Wi-Fi完備の合宿所だったが低速で個人Wi-Fiが役立った

私が合宿時に持参していたのはスマホ(iPhone)が1台と、ノートパソコン(Windows)が1台です。
iPhoneはWi-Fi契約しておらず主に4G回線でネットをしていましたが、ノートパソコンはポケットWi-Fi契約をしていたので、そのWi-Fi(月7GB)を持参していました。

合宿先の寮には無料Wi-Fiが完備されていました。
しかし寮生が皆Wi-Fiを使用しますから、昼と夕方と夜はかなり低速になります。
加えて、割と山の方の寮ですから、電波が常に4つ中1~2しかないのです。

ですから朝は比較的寮のWi-Fiでも繋がるのですが、午前11時を過ぎれば寮のWi-Fiは全然使い物になりません。
例えばYouTubeを開こうと思っても、ページを開くまでが遅いんです。
5分間の動画で一番低画質設定にしていても、再生すると動画がブツブツ途切れる程です。

そういう訳ですから、合宿所の殆どは自分のスマホやパソコンで契約しているWi-Fiを使用するようにしていました。

私は動画サイトで動画を見る事が好きなので、空いている時間には好きなアーティストの動画だったり、面白い動画を見て暇潰しをしていました。
主にニコニコ動画やYouTubeといった動画サイトを利用していたのです。
後はHULUという動画配信サイトで月額契約して、そこで映画を観たりもしていました。

他には、Twitterでフォロワーと会話したり、その日あった出来事を呟いたりしていました。
インスタグラムもしているので、合宿所の周りの景色を撮ってお洒落に加工して、それを載せてもいました。
SNSはTwitterとインスタグラムしかしていないのですが、YouTubeにアカウントを持っている人は動画を編集して載せたりもしていました。

それからスマホで漫画や小説といった電子書籍を購入して、それを読んでいました。
とにかく合宿所の周囲には自然しかなく、娯楽がないのです。
ですからネットで動画を観たり、本を読んだりする以外はありませんでした。
他の合宿所の仲間とお喋りする事もありますが、それでも暇な時はそうやって時間を潰すようにしていました。

合宿所によっては、Wi-Fiが完備していない場合はあります。
しかしWi-Fiが完備していても、使用者が多いせいで超低速でなかなか繋がる時間帯もないでしょう。

そしてもう1つ、山の方や地方の合宿所である場合は、電波も弱い場合があります。
そうするとWi-Fiがあっても全然ネットが繋がらない、という困った事も起こるのです。

合宿所へ通う際は、今使っているスマホやノートパソコン、タブレットでWi-Fiを契約しておきましょう。
そしてそのWi-Fi契約した端末を主に使用する事で、快適なネット生活ができます。

Wi-Fi契約といっても、例えば7GBで1ヶ月大体4000~5000円程度だと思います。
私がポケットWi-Fi1台で1ヶ月5000円で7GBなので、そこまでお金も高くありません。
Wi-Fiさえあれば、折角合宿所にWi-Fiが完備してあるのに繋がらない、重いと悩む事もなく、ストレスフリーで生活できるでしょう。

タリーズコーヒーの無料Wi-FIが優秀すぎます。ノマドスペースとして活用しましょう! – 意識低い系外資系セールスマンの旅ブログ